旬の便り

6月の旬菜

 
海の幸

アオリイカが最盛期を迎えております。
2kg超えのアオリイカは肉厚で濃厚な甘みが味わえます。
皮はしっかりむいてありますので柔らかいですよ。

子持ちシャコのシーズンがやっってきました。
お腹にオレンジ色の腹子がぎっしりつまって歯ごたえ抜群です。
江戸前はすっかり採れなくなって入荷は困難ですが、瀬戸内産や三陸産が入荷します。

平貝(タイラギ)が大きく育って肉厚になり、食べ応え充分です。
帆立と違う食感を味わってみてはいかがでしょうか。

その他の今月の海の素材

さい巻海老、鱚(キス)、メゴチ、穴子(アナゴ)、白魚、ウニ磯辺揚げ、蛤(ハマグリ)、鮑(アワビ)、帆立貝(ホタテ)、天然鮎、芝海老と小柱のかき揚げ等が揃います。

山の幸

月山筍が入荷しています。
一般的には姫竹(ヒメタケ)五三竹(ゴサンタケ)とも呼ばれますが、月山で採れる筍は特別に太って歯ごたえが違います。
6月いっぱい入荷します。

ひげ付きヤングコーンが出始めました。
ひげの部分が甘みがあって意外な美味しさです。

北海道のグリーンアスパラガスも入荷しています。
太くてジューシーな味わいが楽しめます。

その他の今月の山の素材

大和芋大葉、そら豆、新百合根、海老椎茸、高山の山菜等が揃っております。

※ 当店では、コロナ対策として強制換気や消毒等で安心してお客様をお迎えできるように心掛けておりますが、大勢での会食や飲み会はお断りしております。また、食事中は大声での会話は控えるよう宜しくお願いいたします。

葉むら 店主 関沢邦夫

葉むらで旬の味覚をお楽しみください!!
このシーズンは当店が最も混み合いますので早めにご予約をお勧めします。
皆様の御来店をお待ちしております。

※夜の営業は予約制になっております。
お見えになる折には(いらっしゃる場合は)、早目に御予約を頂きますようお願い致します。
また、定休日以外に休業する日がございます。
当サイトにて事前に休業日のご確認をお願い致します。

お知らせ

緊急事態宣言に伴う営業時間変更のお知らせ

新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言により、2021年3月21日まで下記のとおり営業時間を変更いたします。

ラストオーダー: 18:30
アルコールの提供:19:00
閉店時間:    20:00  

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策について

※ 当店では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として強制換気や消毒等で安心してお客様をお迎えできるように心掛けておりますが、大勢での会食や飲み会はお断りしております。また、食事中は大声での会話は控えるよう宜しくお願いいたします。

葉むらは令和3年9月に40周年を迎えます。これもひとえに皆様のご愛顧とご支援によるものと深く感謝しております。これからも精進してお客様に満足していただける天ぷらを目指してまいります。

皆様のお越しをお待ちしております。

葉むら 店主  関沢邦夫

アクセス

江戸前天婦羅 葉むら

●所在地 〒240-0105 神奈川県横須賀市秋谷4293
●電 話 046-855-5222
●F A X 046-855-5221
●営業時間 昼 12:00-14:00
夜 17:00-20:00 (オーダーストップ)
●定休日 毎週 月・火・水曜日
●座席数 カウンター席:8名様    テーブル席:4名様/6名様
●駐車場 乗用車4台可
久留和海岸駐車場がご利用頂けます。
●交 通 電車・バスでお越しの場合
JR逗子駅・京急新逗子駅から。バス「長井」「市民病院」「大楠芦名口」行きで「久留和海岸」下車徒歩1分。
  お車でお越しの場合 

  • 鎌倉方面より
    国道134号線長柄交差点を葉山方面に右折。御用邸前交差点を左折、長者ヶ崎を経て5分ほど。(御用邸前交差点より6つ目の信号を過ぎて右側)
  • 東京・横浜方面より
    横浜横須賀道路(逗子IC)、逗葉新道経由、料金所先南郷トンネル交差点を左折、三浦半島中央道路(トンネル)経由、湘南国際村方面に直進。道なりに走り海沿いの国道134号線湘南国際村秋谷入口交差点を右折、300m先(最初の信号を過ぎて)左側。

 

お品書き

コース メニュー


竹コース・・・・・・・・¥9,900

つきだし 2   活巻海老 3   魚貝 7   野菜 8   かき揚げ(天丼・天茶 にする事もできます。)
御飯・赤だし・漬物   シャーベット2種

梅コース・・・・・・・・¥7,150

つきだし 一品   活巻海老 2   魚貝 5   野菜 6   かき揚げ(天丼・天茶 にする事もできます。)
御飯・赤だし・漬物   シャーベット1種

花コース・・・・・・・・¥6,050

つきだし 一品   活巻海老 2   魚貝 5   野菜 6   御飯・赤だし・漬物   シャーベット1種

お好み天ぷら・・・・・・時価

季節のアラカルトをご覧下さい。

ミニコース・・・・・・・¥4,950

ミニコース ライト・・・¥3,850

定食


天ぷら定食・・・・・・・¥3,630

海老 2   魚 1   野菜 4   かき揚げ(小)   御飯・赤だし・漬物

天ぷら定食ライト・・・・¥2,420

天 丼・・・・・・・・・¥2,420

海老 3   かき揚げ(小)   赤だし・漬物

かき揚げ天丼・・・・・・¥2,420

かき揚げ(大)   赤だし・漬物

※当店のかき揚げの材料は小海老・小柱・三つ葉です。

お店の紹介

私の目指している究極の天ぷらというのは、お客様がお腹いっぱい天ぷらを召し上がったにも拘らず、揚げ物を食べた気がしない。 お腹がスッキリして、又すぐに食べに来たい、そんな天ぷらを揚げたいと思っています。

そして一番大切にしたいのは、お客様に季節を感じて頂く様な天ぷらをお出しする事です。 春なら天然の山菜や銀宝、夏なら鮑やグリーンアスパラガス、秋なら栗、銀杏、松茸やハゼ、冬なら白子や牡蠣等々、旬の素材でその季節を感じて頂けたら、板前冥利に尽きるというものです。

店主:関沢邦夫

Kunio Sekizawa逗子タウン誌掲載文より

天ぷらはもともと西洋料理(ポルトガルだったかしら)だったらしいのですが、いつの間にやら寿司とともに日本料理の代表選手になってしまった、ふしぎな料理。外人も”テンプーラ”などとのたまって純粋な日本料理であることを疑わない。 そんな天ぷらですが、今までボクが食べた中では、この葉むらの天ぷらがピカ一です。 ホントにおいしいんです。 自信を持っておススメできます。

さっぱり、ふっくらと揚げてあってサクッとした歯ごたえ、この歯ごたえが天ぷらの命、メチョとかグヅヅなんてのはダメ。 サクッこれです。 これがたまらない。 はじめて行かれる方はコースで頼まれるといいですね。ご主人がちゃーんと順番どおり、ころあいを見はからって揚げてくれますから。 えっ!! こんなものを天ぷらに?! と驚いてしまったりしてたのしい食事になることうけあいです。

(逗子のタウン誌に掲載された二階堂正宏氏の文より抜粋)